洲本市立淡路文化史料館

                          〒656-0024 兵庫県洲本市山手1-1-27 TEL 0799-24-3331 FAX 0799-24-3341




※ 9月21日(月)敬老の日
65歳以上入館無料




◇展示案内◇

庚午事変150年 特別展
最後の侍たち
徳島藩士と稲田家臣、それぞれの正義

10月17日(土)-12月20日(日)

詳しくは



◇体験講座◇
「銅鐸・銅鏡鋳造体験」


国生みの島 淡路島で、
光り輝く銅鐸・銅鏡を作ろう!!

毎週日曜日 10:00~12:00

定 員 : 5名程度
(要・事前電話予約)

<体験料>
銅鐸鋳造体験:1,600円
(中学生以下1,100円)
銅鏡鋳造体験:1,100円
(中学生以下 800円)
詳しくは



ご来館のみなさまへのお願い
(新型コロナウィルス感染症対策)

新型コロナウィルス感染拡大防止の
ため、以下についてみなさまにご協
力とご理解をお願いいたします。 

◆マスクの着用

◆咳エチケットの徹底

◆入館時の体温測定
(体温が37.5℃以上の方はご
入館をお断りいたします。)

◆グループごとの連絡先ご記入

◆手指の消毒

◆会話は小さな声で

◆人と人との距離の確保

※団体様(20名以上)のご
入館はご遠慮ください。

 ※状況により、入館制限・禁
止をする場合があります。



★国史跡洲本城★
「続日本100名城」に選定‼

平成30年4月6日からスタンプラリー
がスタートしました。当館に洲本城
のスタンプを設置しています。


◇洲本城『御城印』(2種類)販売‼◇
受付にて1枚200円で販売しております。


AWAJISHIMA MUSEUM

淡路文化史料館は江戸時代のはじめに築かれた洲本城跡〔平城〕にあり、背後には緑したたる山、前面には城の石垣と堀のある閑静な雰囲気の中に建っています。この地は瀬戸内海国立公園の一角をなし、史料館から背後の三熊山山頂に築かれた国史跡洲本城跡〔戦国時代の山城〕へは徒歩20分、旧城下町の市街中心部へは数分で行くことができます。白砂青松の大浜海岸は数10mのところにあり、いずれも格好の散策コースです。

展示案内
ガイドコーナー
淡路島の自然、文化財、地場産業などの情報を楽しく概観できるようカラーディスプレイで紹介しています。

大展示室
国の重要無形民俗文化財の指定を受けている淡路島の代表的な民俗芸能である淡路人形浄瑠璃の人形の頭や、太夫が使う見台・三味線などを復元舞台を中心に展示しています。



歴史展示室

原始古代から近代までの歴史を出土遺物、金工品、文書、模型、写真パネルなどの資料を通じてご覧いただけます。邪馬台国の女王卑弥呼と関係の深い鏡、国内最古級の鉄造宝塔、羽柴秀吉や石田三成の書状、徳島藩主や洲本城代のゆかりの品々、洲本の城下町資料などが見どころです。


民俗展示室
海と漁業にかかわる民具・絵馬、昔の農耕具、庶民の生活用具、全国的にも著名な淡路のやきもの珉平焼、洲本出身の文豪・岩野泡鳴の関係資料のほか、島が生んだ芸術家の作品を展示しています。

直原玉青記念美術館
直原玉青記念美術館は幼年期を洲本で育った南画の大家直原玉青画伯から画伯の作品とそのコレクションの寄贈を受けてつくられました。禅宗黄檗宗の僧でもあり、また俳人でもあった画伯のコレクションには、南画のほか、禅の高僧や俳人子規、虚子、井泉水の書跡など貴重な資料が集められていて多彩です。


屋外展示
屋外には、自然庭園のほか、岩野泡鳴の文学碑、高田蝶衣・直原玉青・奥田雀草の句碑、道標、洲本城や成山城石垣の刻印石などの石造文化財を展示しています。



利用案内


開館時間   9:00~17:00(入館は16:30まで)
休館日    月曜日 ※月曜日が祝休日のときは、翌平日が休館。
       年末年始(12/28~1/4)
       臨時休館:令和2年9月7日~10日
      




入館料

区  分  一  般 団体(20名以上)  その他
大    人 500円  400円 幼児・障害者は入館料無料。
特別展のときは別に入館料を定めることがあります。
 高校生・大学生 300円  250円
 小学生・中学生 150円  100円




Last Update 2020/9/16