屋外展示 本文へジャンプ




史料館前庭の屋外には、自然庭園を中心に岩野泡鳴、高田蝶衣などの文学碑、道標、洲本城や成山城の石垣の刻印石などの石造文化財を展示しています。



文学碑

奥田雀草の句碑

土の香 波の香 
   こころで 立つ ふるさと
               雀七十八叟

俳人雀草(1899〜1988)は、淡路島遠田村(現在淡路市)出身で、口語俳句の道を進み、俳誌『高原』を創刊するとともに、俳画をよくした。この句は78歳の時の作。
句碑は、雀草の教えをうけた神戸の松下ふじゑ氏が、自分の骨を埋める第二のふるさと洲本に建立したもの。
岩野泡鳴の詩碑

故郷の秋     岩野泡鳴 

みやこ遠く立ちいで  帰り来てしふるさと
ふるきことの思ひで  爰に忍ぶ 橋あと。
嘗ッて千鳥にさそわれ  いづる月のちらちら。
むねも散りし小ながれ  いまに残る木ばしら  

自然主義文学五大作家の一人である泡鳴(岩野美衛)は、明治6年(1873)に洲本で生まれた。岩野家は代々阿波蜂須賀家の江戸詰直参であったが、泡鳴の祖父のときに淡路へ移住した。14歳まで家族と共に洲本で過ごした泡鳴は、日進小学校(現在の洲本第二小学校)を卒業した。
この詩碑は、泡鳴生誕110年にあたり泡鳴の三男岩野眞雄氏が来館されたのを機に建立した。碑の原字は『岩野泡鳴論』などの著者である伴悦氏がかかれたものである。
高田蝶衣の句碑

蝶衣
 窓あけて見ゆるかぎりの春惜しむ

俳人蝶衣(1886〜1930)は、淡路島釜口(現在の淡路市)の出身。旧制洲本中学在学中は、この近くに下宿。上京して早稲田大学に学び、『中央公論』や『ホトトギス』の選者となった。
この句碑は、淡路交通旧宇山駅に建てられていたが、同社社長のご好意により、昭和57年6月史料館に移された。 
直原玉青の句碑

御堀まで御門筋とて蜻蛉とぶ
                米寿 玉青

玉青(1904生)は、幼少年時代を洲本市ですごし、後に大阪に出て南画を学ぶ。帝展や日展にたびたびし入選したほか、日本南画院の創立に参加。少年の頃より俳句に親しみ、ホトトギス派の俳人としても知られる。句画禅一如を追求し、平成17年101歳で逝去。洲本市名誉市民。
この句碑は、氏の米寿を記念して洲本市が建立した。





                                                  トップページへ戻る