歴史展示室●原始時代から近代まで 本文へジャンプ




淡路島の歴史を出土遺物、金工品、文書、模型、写真パネルなどの諸資料を通じてご 覧いただけます。
展示品の中には、邪馬台国の女王卑弥呼と関係の深い鏡、国内最古級の鉄造宝塔、羽柴秀吉や石田三成の書状、徳島藩主や洲本城代のゆかりの品々、洲本の城下町資料などが見どころです。
別コーナーでは淡路島の伝承“国生み神話”をモチーフにした展示をしています。



三角縁神獣鏡
Sankakubuchi Shinjuukyou 

鏡の外縁の断面が三角形で内に神と獣が描かれていることから三角縁神獣鏡と呼ばれています。
邪馬台国の女王卑弥呼が中国からもらったと言われ、前期古墳からの出土がほとんどです。
淡路唯一の三角縁神獣鏡です。
〔洲本市下加茂コヤダニ古墳出土〕

 

神話の島淡路島
Shinwa no Shima Awajishima

わが国最古の史書「古事記」「日本書紀」の冒頭をかざる神々の物語。
その一つ、いざなぎ・いざなみの夫婦神による日本国土創生の物語(国生み神話)は淡路島から始まり、古代の淡路の海人族の伝承であるといわれています。

 

鉄造宝塔(県指定文化財)
Tetsuzou Houtou

鋳鉄製の宝塔の身部の残欠です。
本来は方形の台座に乗って九輪の付いた宝形造りの屋根を備えていました。
鎌倉末期の文保2年〔1318〕の銘があり鋳鉄製の宝塔としては国内最古級のものです。

 

木簡
Mokkan

奈良時代に税として奈良の都に送られた米や塩に付けられた荷札です。
木簡は当時の 地名、住人の氏名、生産品目などを知ることのできる貴重な資料です。

 


矢羽根紋衝立
Yabanemon Tsuitate

丸に矢羽根の紋所は徳島藩の筆頭家老
であり洲本城代・洲本仕置を勤めた稲田
氏の家紋 です。
けやきの一枚板に家紋を浮き彫りにした
この衝立は大名格の1万4500石も の
家禄を受けていた稲田家の屋敷の玄関
を飾るにふさわしい堂々としたものです。
羽柴秀吉書状(市指定文化財)
Hashiba Hideyoshi Syojou

この文書は、本能寺の変から1週間後に書かれた洲本の土豪広田氏あての洲本城攻略 の協力依頼の手紙です。
この時、洲本城には四国の長宗我部氏と組んで秀吉の淡路制 覇に抵抗した淡路の土豪菅平右衛門が占拠していました。

 



トップページへ戻る