IP アドレス取得の仕方

『スタート』→『プログラム』→『アクセサリ』→『コマンドプロンプト』を立ち上げる。

画面に『コマンドプロンプト』が開きます。

>の後に、ipconfig /all と入力する。

Physical Address に記載されているのが従来のアダプタアドレスとなる。

IP Address が 10.3.XXX.XXX

Subnet Mask が 255.255.0.0

Default Gateway が 10.3.224.221

となっていればOKです。

 

IP アドレスを再取得する方法

『スタート』→『プログラム』→『アクセサリ』→『コマンドプロンプト』を立ち上げる。

>の後に、ipconfig /renew と入力する。

デバイスマネジャでネットワークカードが動作しているか確認する。

『システム』を開きます。
ハードウェアのタグをクリックします。
デバイスマネージャを開きます。
デバイスマネージャは基本的にWindows9xなどと同じなので、「!」「x」マークが付いていないかを確認します。

!注意 WindowsXPにアップグレード以降インターネット接続が出来なくなった場合、ドライバーが上手く動作していない場合があります。販売店にご相談して下さい。


ネットワーク接続の確認!

『スタート』→『設定』→『マイネットワーク接続』→『ローカルエリア接続』を立ちあげます。

全般のプロパティを選択します。
インターネットプロトコルを選択し、プロパティをクリックします。

全般のタグで、IP アドレスを自動的に取得する、DNSサーバーのドレスを自動的に 取得するが選択されていることを確認します。

代替の構成は自動プライベートIPアドレスになっていることを確認する。

 


淡路島にぎわいネットサポートセンター

пF25-4800