本文へスキップ

TEL. 0799-24-4770

〒656-0027  兵庫県洲本市港2番26号

国際交流INTERNATIONAL EXCHANGE

淡路島・南海島サッカー交流事業

《淡路島と南海島の交流》
 平成20年度に韓国の南部地方、釜山から西へ約2時間の距離にある南海島(南海郡)から淡路島3市に積極的な交流をしたいとの依頼がありました。
 淡路島・南海島とも独立した島でありながら、淡路島は『明石海峡大橋』『大鳴門橋』の2本の橋で本土・四国とつながっており、南海島もまた『南海大橋』『昌善・三千浦大橋』の2本の橋でつながっているという環境も含め共通点が多いところからも、お互いに良い関係を築いていこうと事業が開始しました。
 そして、交流の第一歩として子供たちを対象としたスポーツ交流が計画され、現在、淡路サッカー協会と淡路島3市とが協力のうえ実行委員会を設けて、淡路トレセンU14チーム(淡路選抜)と南海郡の中学校チームとのサッカー交流事業が実施されています。

平成28年度
 平成28年8月27〜29日の日程で南海島を訪問し、南海スポーツパークメイン競技場にて交流試合が開催されました。
 交流初日は、文化施設を見学し、夜の歓迎会の後、南海郡選抜チームの選手とともに合同合宿を行いました。2日目には交流試合、3日目には昨年交流した尚州中学校を見学するなど、両国の代表として友好を深めました。

試合結果
 第一試合 淡路トレセンU−14 1−0 南海リフレッシュFC
 第二試合 淡路トレセンU−14 1−2 南海リフレッシュFC
平成27年度
 平成27年8月29日にアスパ五色において、多くの声援の中、親善交流試合が開催されました。
 28日の歓迎交流会の後、中学生同士で合同合宿を行い、お互いの国の習慣や文化の違いを身近に体験し、理解を深め合う貴重な機会となりました。

試合結果
 第一試合 淡路トレセンU−14 2−3 尚州中学校
 第二試合 淡路トレセンU−14 3−4 尚州中学校
平成26年度
 平成26年11月22〜24日の日程で南海島を訪問し、南海郡尚州体育公園にて交流試合を行いました。
 交流初日には、歓迎会の後に、尚州中学校の生徒とともに合同合宿が行われ、2日目には交流試合、3日目には尚州中学校の見学等が行われ、サッカーの交流はもちろん生徒同士の交流や施設見学等と貴重な体験をしました。

試合結果
 第一試合 淡路トレセンU−14 0−0 尚州中学校
 第二試合 淡路トレセンU−14 1−3 尚州中学校
平成25年度
 平成21年度より続いてきた淡路島と南海島の中学生サッカー交流が5年目を迎えた記念として、両島のチームを含む全5チームによるリーグ戦を8月11日〜12日の2日間に渡り実施しました。
 メインイベントの8月11日には、元日本代表の永島昭浩氏によるサッカー教室や、キッズサッカー教室も開催。また、体育館では平成23年より南海島と交流が始まった淡路剣道協会も親善試合を行い、さらに淡路と徳島の発達障害児のサッカークラブの交流も行われました。会場全体では、食文化対決と称し淡路島×韓国のB級グルメ対決を行うと共に、両地域の特産品販売やPRブースにより盛り上げました。
 参加者は日韓の生活や文化に触れ、それぞれの地域を理解する機会となりました。

参加チーム
   淡路トレセンU−14(A)(B)、海城中学校、五色FC、長洲FC
   ⇒『優勝』淡路トレセンU−14(A)
 
平成24年度
 平成24年8月3〜5日の日程で南海島を訪問し、南海スポーツパークメイン競技場にて交流試合を行いました。
 また、この年は南海島に隣接した麗水市で『2012韓国麗水世界博覧会』が開催されており、訪問団は淡路島の代表として会場を訪れ海城中学校の生徒と見学をする貴重な経験をしました。 交流試合は交流4年目で初勝利を収めた記念大会となりました。

試合結果
 第一試合 淡路トレセンU−14 1−2 海城中学校
 第二試合 淡路トレセンU−14 2−0 海城中学校
平成23年度
 平成23年8月13日・14日にアスパ五色にて交流親善試合が行われました。
 13日の親善試合後の歓迎会では、お互いが事前に勉強しておいた日本語・韓国語を使った自己紹介を披露し、場内からは歓声や笑い声が沸き起こりました。歓迎会終了後には、南あわじ市の伊加利地区公民館で合同合宿を行い、親睦を深めました。
 14日には両生徒による混合チームを編成して、交流戦(練習試合)を行い、両国のサッカーの違いを肌で感じることができました。

試合結果
 第一試合 淡路トレセンU−14 1−1 海城中学校
 第二試合 淡路トレセンU−14 0−2 海城中学校
平成26年度
 平成26年11月22〜24日の日程で南海島を訪問し、南海郡尚州体育公園にて交流試合を行いました。
 交流初日には、歓迎会の後に、尚州中学校の生徒とともに合同合宿が行われ、2日目には交流試合、3日目には尚州中学校の見学等が行われ、サッカーの交流はもちろん生徒同士の交流や施設見学等と貴重な体験をしました。

試合結果
 第一試合 淡路トレセンU−14 0−0 尚州中学校
 第二試合 淡路トレセンU−14 1−3 尚州中学校
平成25年度
 平成21年度より続いてきた淡路島と南海島の中学生サッカー交流が5年目を迎えた記念として、両島のチームを含む全5チームによるリーグ戦を8月11日〜12日の2日間に渡り実施しました。
 メインイベントの8月11日には、元日本代表の永島昭浩氏によるサッカー教室や、キッズサッカー教室も開催。また、体育館では平成23年より南海島と交流が始まった淡路剣道協会も親善試合を行い、さらに淡路と徳島の発達障害児のサッカークラブの交流も行われました。会場全体では、食文化対決と称し淡路島×韓国のB級グルメ対決を行うと共に、両地域の特産品販売やPRブースにより盛り上げました。
 参加者は日韓の生活や文化に触れ、それぞれの地域を理解する機会となりました。

参加チーム
   淡路トレセンU−14(A)(B)、海城中学校、五色FC、長洲FC
   ⇒『優勝』淡路トレセンU−14(A)
 
平成24年度
 平成24年8月3〜5日の日程で南海島を訪問し、南海スポーツパークメイン競技場にて交流試合を行いました。
 また、この年は南海島に隣接した麗水市で『2012韓国麗水世界博覧会』が開催されており、訪問団は淡路島の代表として会場を訪れ海城中学校の生徒と見学をする貴重な経験をしました。 交流試合は交流4年目で初勝利を収めた記念大会となりました。

試合結果
 第一試合 淡路トレセンU−14 1−2 海城中学校
 第二試合 淡路トレセンU−14 2−0 海城中学校
平成23年度
 平成23年8月13日・14日にアスパ五色にて交流親善試合が行われました。
 13日の親善試合後の歓迎会では、お互いが事前に勉強しておいた日本語・韓国語を使った自己紹介を披露し、場内からは歓声や笑い声が沸き起こりました。歓迎会終了後には、南あわじ市の伊加利地区公民館で合同合宿を行い、親睦を深めました。
 14日には両生徒による混合チームを編成して、交流戦(練習試合)を行い、両国のサッカーの違いを肌で感じることができました。

試合結果
 第一試合 淡路トレセンU−14 1−1 海城中学校
 第二試合 淡路トレセンU−14 0−2 海城中学校
平成22年度
平成22年8月7日に韓国・南海島を訪問して南海島の公設運動場にて交流試合を行いました。初めて南海島を訪問した子供たちは、学生たちとの交流や施設見学という貴重な体験をしました。

試合結果
 第一試合 淡路トレセンU−14 3−4 海城中学校
 第二試合 淡路トレセンU−14 4−5 海城中学校
平成21年度
平成21年度は、平成22年1月9日にアスパ五色で交流親善試合を行い、試合後には歓迎会にて交流を深めました。

試合結果
 第一試合 淡路トレセンU−14 2−0 海城中学校
 第二試合 淡路トレセンU−14 2−8 海城中学校

淡路広域行政事務組合

〒656-0027
兵庫県洲本市港2番26号

TEL 0799-24-4770
FAX 0799-24-3516

kouiki@sumoto.gr.jp